ドッグフードの見分け方|原材料・成分はどこを見ればいいの?

ドッグフードを選択するどういう点を気を配ってみていますか

価格認知度パッケージ書かれている広告文などよくあるかと思います

ドッグフード日常的に変わらないものを食べます

内容の品によって犬のアレルギーが生じる原因になったり先々のガン発生リスクを強めるかもしれないですね

 

危険な原材料|種類を紹介

ドッグフード危険な原材料のなかで穀物があります

原材料の表記で最初に表示されているのが一番多く使われているということになります。

ですので、小麦とうもろこし一番に記載された原材料=穀物が一番多いということです。

 

ドッグフード原材料多いから明記する決め事になっています

 

なぜハイリスクかというと・・・

  • 小麦とうもろこしといった物はアレルギーを発症しやすい
  • 小麦とうもろこしといった物は100パーセント消化できず消化器官過剰反応に関係する
  • 上品なたんぱく食べることができない

といった考えがあります

 

物は食物アレルギーに原因になる?

 

トウモロコシ・小麦・大麦などの物は消化器官異変や、皮膚障害や、並みがくずされるなど犬のアレルギーに陥りやすいアレルゲンと噂されています

 

とりわけ小麦グルテンの含有高くて一番アレルギー性高めだそうです

ここ何年かでアレルギーで苦しんでいるワンコホントに多いのです

 

ドッグフード普及につれてこれくらいのアレルギー拡大をみせているのも1つの要因です

 
 

物は犬にとって消化しにくい食べ物

 

肉食動物の犬であれば物は100パーセント消化できないです

 

それは動物に比べて歯の形状が違うところ消化器官少ないためです

 

また犬の唾液には「アミラーゼ」といったんぷんの炭物を解体する含有されません。

 

高品質なたんぱく食べることができない

 

小麦ころ性のたんぱくカテゴリー分けされます

しかしながらにとって食事からしか取ることが不可能な必須アミノ酸動物性たんぱくの方が適度なバランスで取り入れられます
また消化吸収動物性たんぱくのほうが良好ですガッツリ栄養になる
 
詰まるところ小麦とうもろこしといった原料ではハイクオリティなたんぱくきちんと摂取できずたんぱく栄養素書かれていたとしても結局その数値に到達しないことも多いのです
 

にとってタンパク人間の倍以上必要とすると感じます

 

たんぱくないと健康のあらゆる部分に悪い影響を及ぼしてきます

 

最も犬期タンパク不足により成長欠損になります

成犬でも免疫力軽くなることで病気が発症しやすくなったり抜毛ひどくなったりします

 

ミートミールとは

 

これはお肉かな勘違いされがちですが本当のところはかなり悪質な肉のカスになります

基本的にドッグフード言わぬ犬口に入れるものですので節約まず第一に考えられています

 

 

肉副産物4Dミートといった人間の用として使用禁止されいるが含まれていることも想定されます

 

ということは以外の部位組み込まれている部分があるのことですこれはつまり内臓皮」「トサカ」「糞尿」といった用の肉を拭い取ったあとの産物です

 

また恐ろしい4Dミート簡単に活用されている実態認められています

人の用として使用することを禁止された肉とは【4D】
 
Dead:死骸
Diseased:病気
Dying:死にかけ
Disabled:障害のある

ひとつの例として路上命を亡くしていた動物安楽させれたペットなどです

 

ペットペットを口にするとゾッとする話です

 

 

◯◯ミールに要注意

 

ビーフミール・チキンミールなどミール付く原材料には気をつける必要があります

ミール高温加熱して粉状にしたものを言い表します

 

このミール「レンダリングといった脂肪から油を精製する過程から作れた最後の粉(肉カス)です

結局のところ粉々にしてブレンドしてしまえば何が入っている知らない状態なのです

 

この日でもこのレンダリング業者(肉骨粉加工業者死亡した犬猫お願いされていた事が発覚しています

 

といった動物性たんぱくにとって非常に大切な養分です

このような悪影響を与えるミールではなくきちんと何のわかる表記のものセレクトしてください

(チキン肉/ラム肉/サーモン など

 


 

良質な肉を使ったドックフードで有名なのがカナガンドックフードです。

 

ヒューマングレードと言われる品質の原材料でできており、「ミール」は一切入っていません。

 

カナガンは有名なペットフードで種類もいくつかあります。

 

犬だけでなく、猫のキャットフードも作っており、そちらも原材料は高品質なものを使用しています。

 

カナガンキャットフードの原材料についてはこちらで紹介

カナガンキャットフードが悪評って本当?原材料や成分の品質は?

 


ビートパルプ

 

ニュートロヒルズなどの高価フードにも取り込まれているこのビートパルプ

 

あまり知らないってスルーしてません

 

本当のことを言うとにとって長く食べ続けると危険な原材料と言えるものでです

 

これは犬のうんちを固める(=良いウンチ出ますアピール目的です。

 

ビートパルプとはサトウダイコン(甜菜)から砂糖を取り出し後に残っているカスのことです

 

砂糖を抽出する手法として硫酸系の薬剤活用されておりその残留に不具合が出るからです

 

また自然の犬のウンチの調子がわかりにくくなるという課題もあります

 

 

 

ほど塩分いらないです

人間全身汗を流しますしかし全身汗をかきませんたったひとつの肉球パッから汗をかくくらいです。

 

つまりほど汗を大量にかないたと併せて流れてしまう塩分少なくあんまり多くの塩分摂取不要です

もともと液を舐める程度で十分な塩分補給をしてきた動物なのです

 

原材料のひとつとしている塩分以外にも敢えて塩分添加しているフード食べることで過剰服用となります

 

これは食いつきをよくするため付与されているですので上質なによるフードであれば元来必要のないものです

 

また塩分摂りすぎ人間と同じく高血圧リスク増量しますのでとりわけ小型には気をつける必要があります

 

 
 
動物性油脂
 

こちらも相当な割合で配合されていますを触ってみてベタベタしませんか

ベタベタするのであれば害となるこの油脂のせいかもしれません

動物といううやむや表記課題が有ります

何でも有りがちののです動物の肉の他に糞尿また飲食店の廃油などです

 

これはドッグフード食いつきを正常化するためにコーティング考えられています

 

これらは皮膚ベタベタしたりが生じるケースもあります

粗悪な100パーセント消化されずキープされることで増え血液中に「腸腐敗由来できそのようなものが皮膚泌腺から出てくるのでした

にとって中心的な栄養素ですので摂り入れる必要はあります不確実の表記ではなく「サーモンオイル」「ココナッツオイル」など何の伝わるものにしましょう

 

ミール

 

と聞くとヘルシーに良いと聞きますドッグフードの大ミールはかなり危険なものです

 

ミールとは、から油脂有用成分を絞り消去した栄養の無い最終残りカスです

人間にとって健康によい食品として腐を作るためのを搾り取ったその後は「おから留まります

 

この「おからならまだ栄養丁寧に含まれていますこのミール完全な搾りカスです

 

本当のところ用のとしても行使禁じられいる原材料なのです

 

ミール「鼓腸症」という危険な病気ができる原因になります

ミール摂り込むことで内でいつもの5倍以上ガスが出現すると言われます簡単に言うならお腹ガス溜まる病気です

 

この小麦ろろこ、それにミールなどを不向きなものをただのかさ増しとして利用しているフード利益意識フードですので犬の健康配慮するのであればやめて下さい

 
 

こんな危険

 

ドッグフードの粒からもを把握することができます

「あれ?ベタベタしている・・・」

 

と感じれば、さっきの危険な原材料申し上げた動物性油脂豊富にコーティングされていることが想定されます

これらは皮膚ベタベタしたりに繋がるケースもあります害となる完全に消化されず溜まることで増え血液中に「腸腐敗由来できそのようなものが皮膚泌腺から産みだされるというわけです

 

ペレットではないか

ペレット=円柱状の形です。

節約第一に考えているペットフードよく見受けられる形です。押出があれば容易に作れる姿なのです

どれが危険かというとに関わる危険度です

 

と違いガツガツ口にします

これに伴いあまりに早食いのであれば達するまでに詰まり水気加わると活発化して閉塞=窒死の事故に繋がるのです

ペレット接触広くなるため詰まりやすいとされています

 

 

ではどんなドッグフードを選ぶべきなのか

 

じゃあどんなドッグフードはいいの?」

 

という質問を持たれる飼い主少なくありませんので今からは安心安全なドッグフード選び方注目点まとめたいと思います

 

安心安全なドッグフード選び方

 

・高い品質のタンパク取り込めること

原材料トップ「肉」「魚」動物タンパクであること。犬にとって小麦トウモロコシなどのタンパクよりもお肉魚の動物タンパクの方が吸収良いばっちり体の役に立つ

 

・肉副産物なしであること

肉粉ミールなどの悪質なものでないこと

 

・穀不必要 であること

小麦とうもろこしといった物はアレルギー消化器官非常につながりやすい(穀不使用のグレインフリーピッタリですせめてアレルギーになりやすい小麦不使用のグルテンフリーセレクトしてください

 

・人工添加物要らず であること

危険な酸化防止や、着色などの添加剤がんなどのことが在りうる

 

・長続きさせられるお値段 であること

365日与えるものですので持続しやすいご予算かどうかキーポイント

 

 

簡単に5つのポイントでまとめましたので参考にしてくださいね。