愛犬がドッグフードを食べない!どうして??

 
愛犬を飼いだしてから、昨日までドッグフードを食べてくれたのに急に食べてくれなくなった経験は一度はあると思います。

体調が悪いのか、ドッグフードがまずいのか不安になります。

何が原因なのかわからないため心配になります。
 
ドッグフードを食べない理由としてはいくつか考えられます。では、確認していきましょう。
 


原因1.運動不足によること


人間も同様で運動しないとお腹は空きません。

散歩量が少ない、運動量が少ないため食欲がないことが考えられます。

特に小型犬より大型犬によくあります。

小型犬は家で飼っていても部屋中を歩きまわるため十分な運動量と考えられます。

しかし大型犬になると、部屋中を歩き回っているだけでは十分に運動したことにはりません。

そのため、そんな時には外で遊ばせてあげることをおすすめします。
 
 

原因2.高齢による食欲減少

 

高齢になると食欲が減少します。

その理由は消化する力の衰え運動量の減少が上げられます。

これはしょうがないことです。

食べてくれるまで見守るしかありません。

時間がたてば、自然と食べてくれることが考えられます。
 
 

原因3.風邪や体調不良からの食欲不振


犬の体調は便を見ると確認することができます。

ゆるい便をしている場合はなんらかの病気が考えられます。又、真っ黒い便の場合は内臓出血などが考えられます。

便を出さない場合は便秘ぎみでストレス等が考えられます。

そのため、食欲がない場合の便の状況を確認して判断することをおすすめします。