犬のご飯はどうやって与えればいいの?

 
初めて愛犬を飼われた方が一番気になること、それはドッグフードの正しい与え方ではないでしょうか。

年齢や犬種、運動量などに関係しており、最適な食事を与えたいと考えます。

1日に1度だけでいいのか、3回の方がいいのかなど悩みは尽きません。
 
基本的な食事の考え方としては、製品パッケージに記載がある量で問題ありません。

運動量が多い愛犬については、それでは物足りないこともあるため、犬用のビスケットなどおやつを与えることをおすすめします。

特に小型犬より大型犬の方が運動量は圧倒的に多いです。

そのため、おやつが必要になります。
 

おやつの与え方とは

 

ビスケット以外にもにぼし、ビーフなどヘルシーなおやつはたくさんあります。

骨や筋肉を作る働きがあるのでおやつを与えることは大事です。

食事以外にもしっかりお水を与えてください。

人間と同じで水分を飲まないと血液がドロドロになり病気になることが考えられます。

とくにドライフードを与える際にはお水がとても重要です。

食事を与えるタイミングで、綺麗なお水を与えることで愛犬も喜んで飲んでくれます。

高年齢になると、歯や顎の衰えでドライフードを好まないことがあります。

そのためペースト状の食事へとチェンジする必要があります。

そんなペースト状の餌には水分が含まれているので、ドライフードを与えていた時より水分量は減ります。

このように年齢や犬種、運動量によりドッグフードの与え方は異なります。