ドッグフードの与え方|こんな与え方は危険!!

犬のドックフードの与え方は与え方を間違えるだけで犬の健康を阻害し場合によっては病気の原因にも繋がります。
ドックフードにはその犬種にあった栄養を考えて作られていますので犬の健康を考える場合、専用の餌を犬種にあった器に入れ食べさせることが重要です。
ドックフードの与え方は餌だけではなく、餌を入れる器にも気をつけて餌を与える必要があります。
これを怠ると後々、餌を上手に食べられなかったりすると犬は餌を残してしまいますのでそういったことも解説しながら正しいドックフードの与え方を説明して行きましょう。


ドッグフードの正しい与え方とは?

ドックフードの正しい与え方はひとつは犬の体系と犬種を見て判断をします。
体系とはまだ幼い幼犬であるとか成犬であるや、メタボリックであることや老犬であること等です。
犬種とはその犬の種類のことで柴犬やポメラニアンなど犬の犬種の事を指します。
ドックフードの正しい与え方ですがまず、幼犬の場合は幼犬専用のドックフードが販売されていますのでそちらを使用し犬種にあったものが販売されているのであればそちらを使用します。
幼犬の場合、大きな餌や硬い物を食べることが出来ないため専用の物を使用するわけです。
成犬でもメタボリック気味の犬種の場合カロリーを控えた物を与えるのが一番良いです。
犬は出されたドックフードの量をそのまま食べますのでこの時犬の体重や体調を考慮して飼い主が量を調整してあげる必要があり、与える量については犬種専用のドックフードにきちんと明記されておりその漁を目安に増減をします。


危険な与え方や誤った与え方とは?

ドックフードの危険な与え方や誤った与え方ですがひとつは犬種にあっていない餌を与えることです。
これは餌が食べにくい上場合によっては食べづらい餌をわざわざ食べようとしなくなるため餌を食べなくなるからです。
他には老犬に成犬と同じドックフードを与えると消化力が落ちた老犬では消化できずに消化不良を起こしてしまいます。
この場合は老犬にはシニア用の犬種専用のドックフードが売られていますのでそちらを与えるようにします。
これは幼犬も同様で硬い餌ではなく、軟らかいウェットフードのような幼犬用の餌を与え食べさせます。
そうしないとこちらも同様、まだ消化力の劣る幼犬に成犬のドックフードを与えた場合、大きな餌を噛み砕く力が無いので丸呑みして消化不良になるか、最悪餌がのどに詰まってしまうこともありますのでそれぞれの成長に合わせた専用のドックフードを与える必要があります。


与える量はどうすればいいの?

ドックフードの与える量ですが、ドックフードはそれぞれいろいろな会社で開発されており、カロリーも量も違いがあります。
専用のドックフードの場合多くは餌の与える量についてパッケージに明記していますのでそちらに従い決められた量を1日に2回に分けて与えます。
幼い犬の場合は一日に4回以上の製品もありこちらの場合は一辺に卓さんを挙げるのではなく少ない量を小分けしてあげるドックフードになります。
この時、柴犬専用等ではなく小型犬や大型犬等、犬の犬種に合わせているドックフードではなく犬の大きさについて与える量を指定している商品があります。
そういった場合は犬の大きさで大体の平均した目安をパッケージに記載していますのでその記載された量の場合、犬種によっては栄養過多になりますのでそうした場合、飼い主が太りすぎだと判断した場合は餌を調整してあげる必要があります。