フードの質を見分けるにはドッグフードのパッケージに原材料が書かれている表示を見る事です。

筆頭に書かれているのがそのフードの主原料ですのでここに書かれている原材料が何かまずはチェックします。
 
悪いフードには筆頭に大豆・小麦・トウモロコシ等穀類が書かれている場合が多いです。

この様な穀類が主原料のフードを長年毎日与えていると涙焼けや皮膚のアレルギー・消化不良など様々な健康問題を抱えやすくなってしまいます。

穀類が表示の前方を陣取り味付け程度に家禽ミール・ミートミール等と書かれているフードは、プレミアムフードに比べ手ごろな値段ですが余り犬の身体には良くないフードとして考えておいた方が良いでしょう。
 
*家禽とは:鶏・七面鳥・鴨・アヒル等家で飼育する鳥類の総称です。
 
 

粗悪な原材料のミールとは

 

ミールとは:動物の肉を乾燥・粉砕した物。

ミートミールとは:動物の肉(何の肉か分からない)・内臓・羽・嘴・骨等を乾燥し粉砕した物を指しています。
 
良いドッグフードは表示の筆頭に新鮮なチキン・新鮮な鹿肉等の肉類が書かれています。

特にプレミアムフードと呼ばれるドッグフードは「グレインフリー」と書かれている物が多くあります。

肉類の他にアレルギーの心配の少ないグリンピース等の豆類や玄米を使用したフードです。

*グレインフリーとは:基本的にアレルギーを引き起こしやすい麦類のタンパク質(グルテン)を使用していない物が定義されています。
 
その他に表示にチキンミール・ターキーミール等と動物の名前を冠したミール類が書かれている場合は、少しグレートが下がりますがどんな動物の肉を使用したのか分かる為犬の健康に配慮したフードと言えます。

ドッグフードの与え方で食事の時間を決めて与えるか

 
それとも置きっ放しにしていても良いかと迷われる飼い主さんもいらっしゃると思います。
 
外出し家を空ける時などしっかり決まった時間にフードをあげられない場合は仕方ないですが、基本的には回数と時間を決めて与え、残したものは様子を見て片付けてしまう方がおすすめです。
理由はダラダラと食べさせていると犬の食欲や体調の変化に飼い主さんが気付き辛いという事が有るからです。
 
夏場は衛生面でフードの置きっ放しは問題を引き起こす可能性が有ります。
フードが酸化したり湿気ったり害虫がフードの匂いに誘われて寄ってきてしまうので注意しましょう。
 

ドッグフードの危険な与え方とは

 
 
ドッグフードの危険な与え方としては食事の前後に激しい運動をさせる事です。
特に活動的で活発な犬種に多い胃捻転は最悪の場合手術する必要がある為、運動の前後1時間はしっかり時間を取り休養させてからドッグフードを与えましょう。
 
老犬や子犬の場合は消化能力が低い為、1日に2回与える分量では消化が追い付かない場合が有ります。
3回・4回と細かく分割して与えた方が良い場合も有りますので犬の年齢や体調に合わせてドッグフードの与え方を調節してみる事をおすすめします。
 
そして犬に要求されるがままフードを与え続けていると肥満になり寿命を短くする恐れが有るので可愛い犬の為、この様な誤った与え方は絶対に止めましょう。

 
初めて愛犬を飼われた方が一番気になること、それはドッグフードの正しい与え方ではないでしょうか。

年齢や犬種、運動量などに関係しており、最適な食事を与えたいと考えます。

1日に1度だけでいいのか、3回の方がいいのかなど悩みは尽きません。
 
基本的な食事の考え方としては、製品パッケージに記載がある量で問題ありません。

運動量が多い愛犬については、それでは物足りないこともあるため、犬用のビスケットなどおやつを与えることをおすすめします。

特に小型犬より大型犬の方が運動量は圧倒的に多いです。

そのため、おやつが必要になります。
 

おやつの与え方とは

 

ビスケット以外にもにぼし、ビーフなどヘルシーなおやつはたくさんあります。

骨や筋肉を作る働きがあるのでおやつを与えることは大事です。

食事以外にもしっかりお水を与えてください。

人間と同じで水分を飲まないと血液がドロドロになり病気になることが考えられます。

とくにドライフードを与える際にはお水がとても重要です。

食事を与えるタイミングで、綺麗なお水を与えることで愛犬も喜んで飲んでくれます。

高年齢になると、歯や顎の衰えでドライフードを好まないことがあります。

そのためペースト状の食事へとチェンジする必要があります。

そんなペースト状の餌には水分が含まれているので、ドライフードを与えていた時より水分量は減ります。

このように年齢や犬種、運動量によりドッグフードの与え方は異なります。

 
愛犬を飼いだしてから、昨日までドッグフードを食べてくれたのに急に食べてくれなくなった経験は一度はあると思います。

体調が悪いのか、ドッグフードがまずいのか不安になります。

何が原因なのかわからないため心配になります。
 
ドッグフードを食べない理由としてはいくつか考えられます。では、確認していきましょう。
 


原因1.運動不足によること


人間も同様で運動しないとお腹は空きません。

散歩量が少ない、運動量が少ないため食欲がないことが考えられます。

特に小型犬より大型犬によくあります。

小型犬は家で飼っていても部屋中を歩きまわるため十分な運動量と考えられます。

しかし大型犬になると、部屋中を歩き回っているだけでは十分に運動したことにはりません。

そのため、そんな時には外で遊ばせてあげることをおすすめします。
 
 

原因2.高齢による食欲減少

 

高齢になると食欲が減少します。

その理由は消化する力の衰え運動量の減少が上げられます。

これはしょうがないことです。

食べてくれるまで見守るしかありません。

時間がたてば、自然と食べてくれることが考えられます。
 
 

原因3.風邪や体調不良からの食欲不振


犬の体調は便を見ると確認することができます。

ゆるい便をしている場合はなんらかの病気が考えられます。又、真っ黒い便の場合は内臓出血などが考えられます。

便を出さない場合は便秘ぎみでストレス等が考えられます。

そのため、食欲がない場合の便の状況を確認して判断することをおすすめします。
 

犬のドックフードの与え方は与え方を間違えるだけで犬の健康を阻害し場合によっては病気の原因にも繋がります。
ドックフードにはその犬種にあった栄養を考えて作られていますので犬の健康を考える場合、専用の餌を犬種にあった器に入れ食べさせることが重要です。
ドックフードの与え方は餌だけではなく、餌を入れる器にも気をつけて餌を与える必要があります。
これを怠ると後々、餌を上手に食べられなかったりすると犬は餌を残してしまいますのでそういったことも解説しながら正しいドックフードの与え方を説明して行きましょう。


ドッグフードの正しい与え方とは?

ドックフードの正しい与え方はひとつは犬の体系と犬種を見て判断をします。
体系とはまだ幼い幼犬であるとか成犬であるや、メタボリックであることや老犬であること等です。
犬種とはその犬の種類のことで柴犬やポメラニアンなど犬の犬種の事を指します。
ドックフードの正しい与え方ですがまず、幼犬の場合は幼犬専用のドックフードが販売されていますのでそちらを使用し犬種にあったものが販売されているのであればそちらを使用します。
幼犬の場合、大きな餌や硬い物を食べることが出来ないため専用の物を使用するわけです。
成犬でもメタボリック気味の犬種の場合カロリーを控えた物を与えるのが一番良いです。
犬は出されたドックフードの量をそのまま食べますのでこの時犬の体重や体調を考慮して飼い主が量を調整してあげる必要があり、与える量については犬種専用のドックフードにきちんと明記されておりその漁を目安に増減をします。


危険な与え方や誤った与え方とは?

ドックフードの危険な与え方や誤った与え方ですがひとつは犬種にあっていない餌を与えることです。
これは餌が食べにくい上場合によっては食べづらい餌をわざわざ食べようとしなくなるため餌を食べなくなるからです。
他には老犬に成犬と同じドックフードを与えると消化力が落ちた老犬では消化できずに消化不良を起こしてしまいます。
この場合は老犬にはシニア用の犬種専用のドックフードが売られていますのでそちらを与えるようにします。
これは幼犬も同様で硬い餌ではなく、軟らかいウェットフードのような幼犬用の餌を与え食べさせます。
そうしないとこちらも同様、まだ消化力の劣る幼犬に成犬のドックフードを与えた場合、大きな餌を噛み砕く力が無いので丸呑みして消化不良になるか、最悪餌がのどに詰まってしまうこともありますのでそれぞれの成長に合わせた専用のドックフードを与える必要があります。


与える量はどうすればいいの?

ドックフードの与える量ですが、ドックフードはそれぞれいろいろな会社で開発されており、カロリーも量も違いがあります。
専用のドックフードの場合多くは餌の与える量についてパッケージに明記していますのでそちらに従い決められた量を1日に2回に分けて与えます。
幼い犬の場合は一日に4回以上の製品もありこちらの場合は一辺に卓さんを挙げるのではなく少ない量を小分けしてあげるドックフードになります。
この時、柴犬専用等ではなく小型犬や大型犬等、犬の犬種に合わせているドックフードではなく犬の大きさについて与える量を指定している商品があります。
そういった場合は犬の大きさで大体の平均した目安をパッケージに記載していますのでその記載された量の場合、犬種によっては栄養過多になりますのでそうした場合、飼い主が太りすぎだと判断した場合は餌を調整してあげる必要があります。